スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -| - |
痛いなぁ…、ほんとにどぉしろって?失笑”
 色々と、答えでないなぁ…笑”

とりあえず、やるべき事をしますかね。
ほんと。
目の前の事ももちろんだけれど。

でも、
もっと広いビジョンで。
あたしがここにいる意味を。

地元の親友達が愛してくれているあたしで在るために。
要は心持ち?笑”

でも、
やっぱりきらきらしてなきゃね。
だってそれがゆっこだもんwwwなんて。


がんばるで。


やることやらな。

先に進まな。

じゃないと、あたしの良さも、魅力もなくなってしまう。
そうなると、あたしの大切な人たちになにも与える事ができなくなる。

それは嫌。


だから、

がんばるで。


応援よろしく。
あたしに出来ることを。
出来る限り。

あたしの良さは温かいこと。
重いとも言えますが。

でも、
人はみんな、
大切にされたいでしょ?
愛されたいでしょ?
安心したいでしょ?
あたしがその場所になれるのなら、
あたしにその居場所を求めてくれるのなら、
あたしは、
それを与えたい。
出来ることをしたい。


がんばるで。
その為に、あたしはしっかり立っていなきゃ。
大丈夫って言えなくちゃ!!


がんばるで!!!




愛されたいから愛するの。
大切にされたいから大切にするの。
居場所がほしいから、それだけの価値のある人間になりたいの。


これは甘えじゃない。
きっと、
甘えじゃない。
まいにち | 04:09 | comments(1) | -| - |
君想い
君と出会ってから月日は流れ
こんなそばで支え合って
君のくれたもの多くあって
僕の両手思い出増えて


楽しい事ばかりではないが
君が居てくれたから乗り越えてこれた


本当君にありがとう
これからもあげたいよ何かを


いつだって
いつだって
気付かされる事は多くて

つながって
つながって
いるから強くなれる


僕だって君にとって
そういう人になれるかな?

君を想い、、、
いつも君が笑ってるから
その笑顔が胸にあるから


繰り返しの日々を乗り越えて行けるのは
そう 君が居るから


君といる時間がドンドン過ぎて
さっきやった事過去になって
気が付くとそれが本当に惜しくて
一緒に居るのに笑ってなくて


共に過ごした時間が愛しくて
泣き笑いも2人の宝物で

こんな僕でいいか
いつも聞いて
本当は解ってるのに


いつだって
いつだって
君を困らせてばかりで

ただ黙って君笑って
僕を許してくれる

僕だって 君にとって
優しい場所になれるかな?

君を想い、、、
いつも君が笑ってるから
その笑顔が胸にあるから
繰り返しの日々を乗り越えて行けるのは
そう 君が居るから


2人で見たあの星空を覚えてますか?


「時間を止めて」
君はつぶやき

世界中の時間よすべて止まれ!

君が笑うまで、、、


いつも君が笑ってるから
その笑顔が胸にあるから
この両手で持ちきれぬほどに強くなれるのは





君が居るから!








| 09:49 | comments(1) | -| - |
no title
間違ったっていいんだよ。


間違ったって、
負けなければ、
いいんだよ。




こんな言葉に少し、
救われた………




負けないもの。



自分にも、他人にも、
負けないもの………!
まいにち | 01:30 | comments(0) | -| - |
愛した指先    ★
この文章はあくまで【おはなし】です。
管理人の現実とは全く関係ありません。
おはなしの世界観を見ていただけたらと思います。

中傷、
パクリ、
断固お断り。

悪しからず。
続きを読む >>
ことば・おはなし | 03:28 | comments(0) | -| - |
困ったちゃんなの、あたし。
うーん………
自分でもびっくりするくらい眠かったんだが。

独りになった瞬間覚めたよネ。

びっくりするくらい頭起きてるわ………/(^O^)\

阿保みたいに眠かったのにからなー………


あの後、食器もなにもかもほぉってなにも考えず横になっていたら、

ちゃんと眠れたのかなぁ…………





最近、

一人ぢゃ夜寝れない。



独りの夜がなにより怖いくせに。



眠ってしまえば、

後は夢以外怖くないはずなのに。



独りの夜に眠れない……



眠りたいのに。
まいにち | 22:38 | comments(0) | -| - |
さすがというか、なんというか…苦笑”
 高校時の最強トリオが、
同じ時期に、同じジャンルのことでぐるぐるして、
ブログの更新が増えている………苦笑”

もちろん、みんな、
全然違う次元で、違う関係で苦しんでいて。

でも、
誰かを特別の大切に想っているのは同じだと思うんだー………

同じ、なんて言ったら、
ゆっこと一緒にするな、って二人に怒られちゃうのかもしれないけど、
でも同じ、だもん。

悩んだり、枯れたり、腐ったりしたら、
又はしそうになったら、
気持ちの吐き出し口になるのは、やっぱ、
こぉいう場所やんな。


どっかだけでも、平和で、
心に余裕があったら、
支えてあげられるのにね。
みんな、
自分のことで精一杯や……



早く、落ち着きたいな・・・・

あたしも、
みんなも。



心が、
隣にいてくれることを、
または、
いてくれたことを。
きっと、

感謝しなきゃいけないんだよね。


あたしは、まだまだ、
向き合うことはやめられない。
やめる気も、ないわ。



ゆっくりでいいよね。


だって、
心なんて、そんな簡単なものじゃないんだもん。
まいにち | 00:05 | comments(0) | -| - |
長所?いや、短所、でしょ。
あたし、すっごく素直で、正直なの。

自分でも困っちゃうくらい、正しい、と、正しくない、があるの。
好き、と、好きじゃない、と、苦手、と。
あくまで、あたし規準で、正しいかどうかは別問題。

あたしの感情か否か、という点ではとっても、
正しい、けれども。


あたし、言葉もすっごく正直なの。
そして、普通よりは若干うまい。
だから、
伝えない手はないじゃない?


好きじゃない、って感情を伝えることは、
自己満足とか、ただ、相手を傷つけるだけとかになっちゃうから、
よっぽどまでいかないと言わない。
人を傷つけると、きれい事ではなく、(それどころかあたしは短所だとわかっている。)
自分も後で後悔する。
あたし自身が、傷つけたくないから。
傷つけられたくないから。
その、痛みが他人以上だから。
だから、他人にも、そんな簡単にできない。



あたしの中で言葉って本当に大切なの、
だから、自分の発した言葉で、自分を縛り付けたり、
(それは相手を想って、また、自分を想って。)
他人からの言葉で、一週間も、一ヶ月もぐるぐるしたりする。
その言葉は、
相手が自分にとってどれくらい大切か、って、ことは、
内容によってはほとんど関係なかったりする。

厄介。




自己満足、なのかもしれないけど、
好き、
とか、
大切なんだ、
とかって、
あたし、我慢できないの。
好きだから、大切だから、
好きだよ。
大切だよ……。
って口が勝手に動いちゃう。
よくあるような、
くだらないプライドや、照れで、
自分の大切な人を失いたくないから。
そんな情けないことで、
失いたくないから。
特別だから故の嫉妬や、束縛も、
それだけ、愛している、って、
おもわず、いってしまう。
だって、もしかしたら、
ただの、勘違いや、誤解かもしれないじゃない?
そんなことで、
疑心暗鬼になって、
関係がおかしくなるなんて、嫌じゃない?


でも、
それを伝えることができるという関係を、
あたしは今まで、
何の特別な意識もなく享受してしまっていたらしい。
幸せだと、思うくらいで。
そんな、特別な幸せだと、どうやらわかっていなかったらしい。
いざ、その、特等席を引きずり下ろされそうになって、
あたしは
言葉にできない想いで藻掻いている。

大好きなの、と、叫ぶことも、
これから永遠にできなくなるかもしれない。
用事がなければ、一緒にいることも、
できなくなってしまうかもしれない。
束縛や、嫉妬なんてもっての他。



ねぇ、
いい加減にしたらいいのよね、あたしの心。


こんな、経験初めてだからさ、
どうしたらいいか、わかんないの…笑”
ばっかやなぁ………


本当にあたしは弱い。

自分を 弱いと言い切れる強さはもっているのになぁ…。
それなら、
あたしは強いと強がる弱さをもったままでいいから、
何も考えずに済む、
自分本位に生きていける、
心に左右されない、
そんな人間に生きたかったわ。
人がいなくても平気な、そんな人間。


他人の心の中にしか、
自分安心できる本当の居場所がないだなんて。




ほら、
あたしはどうしようもないくらい、弱い。
まいにち | 00:37 | comments(0) | -| - |
自分で自分にびっくりだわ・
あたし、意外と涙腺堅いんですよ。
意外と、ね。
中学高校と、あること意外では、全く泣いてないしね。
それが、
最近、目から汗が・汁が?
だだ漏れで大変。
全然とまんないの、笑”
駄目だ、嫌だ、って、めちゃくちゃおもってるのに、
全然とまんないんだよネ。
困るよネ。
自分が一番驚いてるわ。
まさか、こんなに?笑”
まぁ、
何となくはわかていたけど、
やはりここまでか…と、ネ。
まぁいいや。

あたしの目汗(←)については今はいいや。



社会の副免やっぱ切るwww
興味なさ過ぎ。
めっちゃ苦痛。
教職の授業自体が苦痛で仕方ないのに、
精神的に無理です。

なんというか…
うまくいかない。
いろんなことが。

でも、
ぼちぼち、いこか、
ってことで。


さぁ、寝ますかね。
起きていても、
あたしの脳内、
良いことになんてならないもの。

若干の不眠。

睡眠薬って、どれくらい病んだらもらえるのかしら……?














終わりへの始まりだとわかっていたのに。
進まずにはいられなかった。
大丈夫だと、信じたかったんだ。
信じていたんだ。


信じていたい、んだ……

まいにち | 01:55 | comments(1) | -| - |
no title
相手の中で
自分より
大事なものが
どんどん増えていく



それって
すごいツラいこと
だけど
今の自分の立場じゃ
どーすることもできない

まいにち | 17:49 | comments(0) | -| - |
マリンスノウ
僕は孤独の海 放り出されて もうさ 溺れてしまうのかなぁ
とはいえ這い上がれない どうせ堕ちるなら朽ちて 深海魚のエサになれ


君のこと 空気みたいだと思っていた 失くしたら息苦しくて

体がただ沈んでゆく 遠ざかっていく空 群青に埋まっていく
僕らもっと色濃く混ざりあえていたなら…



君のいない海を逃れようとしたけど 想い出の重さで泳げない

存在を愛情に求めていた 行為はカタチだけになっていた
感覚が鈍っていく 何も聴こえない 目を閉じてるかもわからない

君のしぐさ 君の中のぬくもり 浮かんでは消えていくんだ


世界が今断ち切られて 藻掻けば絡まり 絶望に染まっていく

僕がもっと君の瞳を見ていられたなら…



誰もいない闇は記憶だけ残して 僕から全てを奪っていく


体がただ沈んでゆく 涙も叫びも深海がさらっていく
どうせならもう抜け殻になってしまえば
ずっとこのまま時間を超えて 深い意識の淵漂っていられたら
僕は一人 ここで生まれ変われるのかなぁ




君のいない海で生きていこうとしたけど
想い出の重さで、泳げない
まいにち | 11:11 | comments(0) | -| - |